マンション売却のタイミング|ベストな時期を見極める

紳士
  1. ホーム
  2. 早目の相談がポイント

早目の相談がポイント

集合住宅

ローン返済ができなくなると金融機関は抵当権を行使します。抵当権とは金融機関が融資を行う際に設定する担保のことで、債務者が返済不能な状態に陥ったときには所有する不動産を差し押さえる効力を有しています。差し押さえられた不動産物件は期日までにローン返済が再開されない限り、裁判所を通じて競売へとかけられてしまいます。競売で得られる利益で返済が終了する場合は問題ありませんが、一般的に競売での売却価格は市場の6割程度にとどまるため競売を通じての返済は難しいのが現状です。このような状況は債権者と債務者双方にとって好ましくありません。そこで債務者が返済できない状態に陥った際に利用される仕組みが任意売却です。任意売却とは不動産会社が債権者の同意に基づき不動産を処理する方法です。任意売却は競売を利用するよりも高値での売却が期待できることから、債務者と債権者の双方にメリットのある手段となっています。ローンの返済が難しくなった方は大阪の不動産会社に相談しましょう。大阪の不動産会社に相談すれば速やかに任意売却のプランを作成してくれます。競売を避けるためには債務者とのシビアな交渉が必要となりますが、大阪の不動産会社なら豊富なキャリアを持つ不動産アドバイザーが在籍しているので安心です。またローン返済ができない状態となった際には引っ越し費用や税金の負担なども重くのしかかってきますが、大阪の不動産会社なら生活再建も含めたトータルなサポートを行ってくれるので生活再建も容易となります。